生活習慣病として知られている、高血圧。この高血圧、自覚症状もほとんどなく、なにか命に関わるイメージがない人も多いためあまり意識して生きている人はいないのではないでしょうか?しかし、高血圧は最悪死を招きます。高血圧の原因と治療法から、高血圧にならない体を得ましょう。

血圧測定機と女の人
  • ホーム
  • 高血圧治療に用いられる降圧薬のミカルディス

高血圧治療に用いられる降圧薬のミカルディス

病院の概観

ミカルディス錠(一般名テルミサルタン)は2002年に発売された降圧剤で、アンジオテンシンII受容体拮抗薬と呼ばれます。
血圧を上げる「アンジオテンシンII」という体内物質の血管収縮作用を抑え、血圧を下げる効果があります。
主に高血圧の治療に用いられます。ミカルディスには血圧を下げる効果の他に、心臓や腎臓などの臓器を保護する作用もあります。
血圧が高いと心臓に負荷がかかり、血管が硬くなるので、老廃物を血中から取り出して尿を作る腎臓にもダメージを与えてしまいます。

このように、高血圧の患者さんは心臓や腎臓が弱りやすくなりますので、血圧を下げ、かつ臓器を保護するミカルディスを使用することは、高血圧による身体全体へのダメージを和らげる効果があると言えるでしょう。
また、ミカルディスには血糖値を下げる作用もあり、糖尿病と高血圧を合併して発症している方には1剤で複数の症状に作用しますので効果的です。
ミカルディスは作用時間が長く、半減期(お薬の血中濃度が半分に下がる時間)が約20時間と、およそ1日にわたり降圧作用が続きます。
ミカルディスの副作用としては低血圧・めまい・ふらつき・発疹、頭痛・かゆみ・蕁麻疹・紅斑などがあります。

稀に血管浮腫・アナフィラキシー・高カリウム血症・ショック・失神・意識消失・肝機能障害・黄疸・低血糖・腎機能障害・間質性肺炎・横紋筋融解症などの重篤な副作用を起こすことがあります。
原則服用できない方は以下の通りです。

妊娠または妊娠している可能性のある方
赤ちゃんに奇形が生じる可能性が高いためです。
肝臓や胆道機能が極めて悪い方
お薬は胆汁から便として排泄されるため、機能が悪いと排泄がうまくできずお薬が効きすぎる可能性があります。
糖尿病でラジレス投与中の方
ラジレスとミカルディスを併用すると非致死性脳卒中・腎機能障害・高カリウム血症・低血圧発症のリスクが高くなるため、服用することができません。

容量・用法は成人の場合、テルミサルタンとして40mgを1日1回服用します。
ただし、1日20mgから開始して漸次増量しますが、年齢・症状により適宜増減し、最大容量は1日80mgまでとします。
飲み合わせに注意するお薬がたくさんあり、飲み合わせを誤ると副作用が出やすくなりますので、服用中のお薬は医師に報告して、必ず決められた飲み方と量を守ってください。

ミカルディスは比較的副作用が少ない降圧薬

ミカルディスは有効成分テルミサルタンの働きで体内の血圧上昇システムに関わるアンジオテンシンIIの働きを効果的に阻害して血圧の上昇を抑える、ARBことアンジオテンシンII受容体拮抗薬という系統の降圧剤です。
ARB自体がACE阻害薬というグループの降圧剤でみられた空咳の副作用を抑えた薬として開発されています。
ARBの中でも比較的新しいミカルディスはさらに安全性を高めて登場した薬と言われています。

数ある高血圧治療薬の中でも降圧効果と共に心臓や腎臓の機能を保護する効果も持つミカルディスはACE阻害薬系統の薬と違って空咳の副作用も抑えられます。
医師の指示や容量・用法をしっかり守って服用を続けている限り、副作用の心配が比較的少ない薬と言われています。
特に薬効成分が胆汁排泄型ということで腎障害がある人も安心して利用できる降圧剤です。
血糖改善効果も持つミカルディスは糖尿病を併発している高血圧患者への処方にも向く薬として重宝されており、副作用と共に合併症が心配な人にも安心できる降圧剤と言えます。

糖尿病の人にも処方されやすい降圧剤という点では、他の降圧剤を利用している糖尿病患者はミカルディスとの併用には十分な注意が必要です。
種類によっては飲み合わせが非常に悪く腎障害や高カリウム血症、低血圧といった副作用が出てしまう心配があります。
重い腎臓病や糖尿病を併発している人の場合、どうしても必要なケースを除いて原則的にミカルディスの服用は控えるべきとされています。
ほかにも飲み合わせの悪い薬が少なくないため、ミカルディス服用中の人は市販薬を利用する場合も医師や薬剤師に確認してからのほうが安心で、正しい服用によってさらに副作用を起こすリスクを低減させることができます。