生活習慣病として知られている、高血圧。この高血圧、自覚症状もほとんどなく、なにか命に関わるイメージがない人も多いためあまり意識して生きている人はいないのではないでしょうか?しかし、高血圧は最悪死を招きます。高血圧の原因と治療法から、高血圧にならない体を得ましょう。

血圧測定機と女の人
  • ホーム
  • 高血圧治療でよく用いられるノルバスクの効果とは

高血圧治療でよく用いられるノルバスクの効果とは

笑う女の人

ノルバスクは高血圧症で、治療薬として頻繁に使用されています。
有効成分のアムロジピンはカルシウム拮抗剤に分類される治療薬として知られています。
高血圧は心臓に過度の負担を与え、血管内壁にダメージを与えるため、適切に治療を行わないと動脈硬化が進行し、将来的に心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因となるのです。

ノルバスクが血圧降下作用を発揮するメカニズムは、血管とカルシウムの関係を理解することにポイントがあります。
血管の壁面には血管を収縮させる平滑筋と言う筋肉が分布しています。
血管を構成する成分がカルシウムを吸収すると血管が収縮活動を行い、血管内を流れる血液量が減少してしまうのです。

そのままでは心臓から全身に送らなくてはならない血液量を減らすことは出来ません。
その結果、生命維持に必要な血流を確保するため、血圧が上昇することになります。
心臓が大量の血液を送るためには負担になるため、さらに高血圧の症状は進行していきます。

ノルバスクは血管平滑筋に存在するカルシウムチャンネルを阻害し、血管内壁細胞内のカルシウムイオンの流入を妨げるのです。
この効果で血管内壁が弛緩し、血管が広がるおかげで弛緩し血流が改善され、血圧降下作用を発揮します。

一般的にカルシウム拮抗薬には、頭痛・顔面紅潮などの副作用がありますが、ノルバスクにはこのような副作用が少ないとされています。
用法は1日あたりの成人で、アムロジピンとして投与量は2.5-5mg、1回服用することで済みます。
形状は錠剤タイプと口内崩壊するOD錠があり、2.5mgや5mg-10mgなどの容量で、血圧の状態に応じて増減するわけです。
費用面で気になる価格については、ノルバスク5mg錠は1錠あたり54.5円ですが、ジェネリックのアムロジピン錠では32.2円と、オリジナルのおよそ6割の価格で購入できます。

ノルバスクは肝臓で代謝されるため、薬の飲み合わせに注意が必要です。
特に抗真菌薬や睡眠薬を服用している方は、肝機能障害のリスクがあるので、心当たりのある方は事前に薬剤師や医師に相談することを心がけて下さい。

ノルバスクの副作用と飲み合わせ注意する薬

どのような薬でも副作用や守るべき注意事項があります。
まずノルバスクの容量用法に関しては、高血圧症では、成人の場合、1日1回アムロジピンを2.5~5mgを服用します。
効果が見られない場合は1日1回10mgまで増量することができます。子供の場合は、2.5mgを1日1回服用しますが、5mgを超えてはいけません。

また狭心症では、成人の場合は、1日1回アムロジピンを5mgを服用します。
OD錠を服用する場合も同様です。
ノルバスクの副作用としては、血圧が下がることにより、めまいやふらつきなどの症状があらわれることがあるので、クルマの運転や高所での危険が伴うような作業を行う場合は十分気を付ける必要があります。
その他にも、頭痛や動悸、浮腫や発疹などが出る場合があります。症状が重い場合は、担当の医師や薬剤師に相談しましょう。

他の薬との飲み合わせで注意すべきこととしては、別の降圧薬や利尿薬を併用すると、血圧が下がりすぎることがあります。
また抗生物質や抗真菌薬、心臓病に用いる薬を併用すると、この薬の血中濃度が上昇するおそれがあり、抗結核薬や抗けいれん薬などを併用すると、逆にこの薬の血中濃度を下げてしまう可能性があります。
さらにグレープフルーツジュースなども血中濃度を上昇させてしまう可能性があるので飲まないほうが良いでしょう。

価格は、ノルバスク錠2.5mgの場合1錠につき約26円、5mgの場合は約49円となっています。
ジェネリック医薬品としてアムリプなどがありますが、価格は正規の約半額程度で購入することができ大変経済的です。
ネット通販などでまとめ買いすれば、さらに割安で購入することができるのでおすすめです。